会計freeeの取引テンプレートで速く楽に入力する方法

今回は、会計freeeで取引入力する場合に効率よく楽に入力する方法を解説します。

会計freeeで取引テンプレートを使う場面

会計freeeに手動で入力をするときは取引の一覧で登録をします。

この入力方法は、日付・金額・勘定科目など入力するところが多いです。

頻繁にある取引を入力する場合、

取引テンプレート

で登録する事をおすすめします。

おすすめしている理由は、取引テンプレートを作ることで、

日付と金額のみの入力で登録ができるからです。

取引テンプレートを使えば、
会計freeeのスマホアプリから入力する時、
速く楽に入力できます。

取引テンプレートを作成する方法

一度入力した内容から作成していきます。

取引の一覧を下にスクロールすると入力した内容が表示されています。

入力した内容をクリックすると詳細な内容が出てきます。

その中に「取引テンプレートとして登録」という項目があり、そこから取引テンプレートを作成します。

取引テンプレートのボタン

テイクアウトの売上を例にテンプレートを作成

テイクアウトの売上を例に、取引テンプレートの作成方法を説明します。

取引テンプレートのボタンの場所
取引テンプレートの詳細

取引テンプレートの詳細にある用語の説明

取引一覧にある用語の説明をします。

以下の用語をクリックすると説明を見ることができます。

テンプレートを大枠で分ける場合に入力する。入力しなくても良い。

取引テンプレートから入力する場合に必要となる。テンプレートを選択するときに分かりやすい名称を入力する。




取引テンプレートから探す場合に便利。ひらがなで入力すると良い。

決済口座を選択する。

取引先を選択する。空欄でも良いです。

勘定科目:勘定科目を選択する。

税区分:税区分を選択する。

毎回の入力で金額が変わる場合は 0 円にする

毎回入力で金額が同じ場合は、その金額にする

作成したテンプレートを活用する方法

取引テンプレートの使い方
取引テンプレートから入力

取引テンプレートを使うメリット

何度も使う取り引きは、取引テンプレートがあると簡単に入力が完了します。

また、スマホアプリから取引を入力する場合、取引テンプレートがあるとスムーズに入力できるので、是非活用してみてください。




Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket

ほんわかアヤメちゃん
スタンプ販売中

ほんわか所長

沖縄県の糸満市で税理士事務所を開業しています。
お客様のここに寄り添ったサポートを志しています。

活用しているツール

会計フリー認定アドバイザーの星