更新するPOSレジと変わらないレジスタ

Airレジは子供が使える操作性

子供たちへお小遣い制度は各家庭様々だと思います。

当事務所のお小遣い制度は、手伝いをしたら現金を渡しています。

子供たちが、お小遣いの金額を決めています。

そして、お手伝いの売上管理をAirレジでおこなっています。

今回は、POSレジ について書きました。

以下、子ども達がAirレジでおこづかい管理している様子です。

 

注:音楽流れます。

子供たちは、ITをすぐに活用できます。若い子の柔軟性はすごい。

会社のIT化は若い職員に任せた方がいい理由

 

沖縄の飲食業にPOSレジは必要です

POSレジは、売上の管理と分析ができて、経営の判断に活かせます。

そして、POSレジは定期的にアップデートして変わり続けて便利になります。

ただ、レジスターは、ずっと変化しない。

 

レジスターとPOSレジどっちが良い?

POSレジ導入をためらう理由

  • レジスターに慣れて変えたくない
  • 不具合があった時の対応が心配
  • 初期投資が高そう

ITに関する知識が無いことで、導入に尻込みしてしまうようです。

今すぐにPOSレジを導入したほうが良い理由

  1. タブレットPOSレジならスマホと同じ操作感
  2. 商品金額の入力ミスが減らせる
  3. 軽減税率対策補助金(9月30日まで)を活用できる

消費税の軽減税率として、外食産業は「店内で食べる時」「お持ち帰り」で税率が変わります。

このことから、複数ある税率に対応したPOSレジシステムを導入する必要があります。

レジスターからPOSレジに変えよう

売上データや在庫状況が把握でき、売上の向上に活用できます。

そして、POSレジは日々の更新で便利に使いやすくなっていきます。

レジスターは、今後も変わらない。

最初のステップ

  • iPhoneかiPadにAirレジ(無料)を入れて、試しに使ってみる
  • 沖縄のコジマにはAirレジサービスカウンターがあるので相談してみる

Airレジを始めたら会計フリーと連携させる

Airレジと会計フリーを連携させると会計業務の負担が減ります。

是非、チャレンジしてみて下さい。

備忘録

当事務所の「画伯」は、CDO(chief design officer)最高デザイン責任者に昇格しました。

今月中にホームページデザインを大きく変える予定でした。

ただ現在、CDOが「スケートボード」にハマっていて、デザインを考える暇がないそうです。ゆっくり、待ちたいと思います。

今週は、CDOのスタッフで「末っ子ぴーちゃん」の作品をお見せします。

 

末っ子ぴーちゃんの作品

 

末っ子ぴーちゃんは、

 

この絵を敷布団の上で書きました。

敷布団が真っ黒になってしまいました。

 

「作品を生み出す過程」「生み出した後も残る気持ち」が芸術である。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket

ほんわかアヤメちゃん
スタンプ販売中

ほんわか所長

沖縄県の糸満市で税理士事務所を開業しています。
お客様のここに寄り添ったサポートを志しています。

活用しているツール

会計フリー認定アドバイザーの星